本文へスキップ


出会い系サイトの女心

上手なデートの誘い方

物語を作れ

まずは考え方から説明します。女の子も結局は男と会いたがっています。そういう前提で考えます。

まれに出会い系サイトでも真面目にメルトモを探していたり、ただ友達が欲しかったり、彼氏を捕まえたいなんていうことを考えている女の子がいますが、そういう子は眼中から抜きます。

このあたり、とくに有料出会い系サイトの方がラクです。

有料出会い系サイトには、こんな甘っちょろいことを考えている子は少ないですから。
ま、当然ですけどね。有料出会い系サイトで真面目に彼氏を探す人は希です。


さて。お互い目的が同じなら簡単そうなのに、現実にはそうではない。
この点についてお嘆きの諸兄も多いことでしょう。

そんなあなたは、ひとつ、大事なことが抜けているんです。

女の子には物語が必要ってことです。それなりの雰囲気になるためには理由が必要なんです。
この理由こそが、物語であり、ときには言い訳でもあるのです。

具体例を出しましょう。私は東京に住んでいます。
そして、同じく東京に住む女の子と何度かメールでやりとりし、会えそうなくらいまでうち解けていたいとします。

ここで普通に「会おうよ」では断られる可能性がまだあります。そこで物語を作るのです。
会うまでの物語です。まず、そもそもの始まりから仕込んでおきます。

私が北海道に住んでいることにしちゃいます。で、年に何回か東京に出張する人としておきます。

そのうえで、会えそうな頃合を見計らって「○○ちゃん、来週はいつお休み?」と聞きます。
ここでは女の子のお休みが不定期な仕事と仮定します。
で、女の子が「来週だと、○曜日が休みだよ」と教えてくれたらチャンス。

「ラッキー! 実はそろそろまた東京へ出張になりそうだから、日程を調整してたんだ。
○曜日に行けると思う。すごい偶然にビックリ。これはきっと○○ちゃんに会えってことだと思う。滅多にないチャンスだからゴハン食べようよ。美味しいお店教えて」とか言っちゃいます。

わざとらしいと思いますか? でもいいんです。嘘かもしれないと感づかれていてもいいんです。

重要なのは、会うまでの物語(理由、口実、言い訳、なんでもいいです)に乗れるかどうかです。

この例では「遠くに住んでいる彼が出張でこっちにやってくる。しかもその日は偶然にも私の休日。

この先またあるかどうか分からないチャンス到来」という物語です。
普通に誘うよりも俄然成功率が高まります。

では、一体どうやって物語を作れば良いのか。
流れとしては、ファーストメールでの取っかかりをそのまま引っ張ってくれば良いです。

仕掛けたキャラ、話題、質問など、最初にぶつけた話のネタをそのまま延長させます。

ファーストメールが大切だと言いましたよね? 
それは、こうして後々まで影響を及ぼすからでもあります。
最後まで引きずることも多々あるでしょう。だから、最初が肝心なんです。

この章を読んで、それでもアポ入れが分からない人は、ファーストメールの書き方から復習すると良いと思います。

たいした切り口のないファーストメールを送り、運良くそれに返事が来ても、結局セカンドメール以降に物語を仕込まないといけないので、どうせやるなら最初からやっておいた方がスムーズってことです。
サイトマップ

出会い系サイトの女心

サイトで会える女の子
メールだけで女の子をその気にさせる
会えるメールの書き方
心を開かせるメール術
返信の来る投稿タイトル
メル友と会うメール術
女性が求める男性像
出会って速攻Hする方法
メールアプローチ法
出会い系のポイント攻撃法
出会い系狙い目の女の子
アポ率向上方法
出会い系サイトと心構え
上手なデートの誘い方





ツイートする
http://moteotoko.idaka1212.com/ 女心を知りモテ男になる方法


  • NEWS&FAQ
    COMPANY
    RECRUIT
    CONTACT US


 女心を知りモテ男になる


恋愛心理学
恋愛テクニック
もてる男の条件
女性にもてない男性
もてる男の外見
もてる男の話し方
もてる男の行動
もてる男の必須アイテム
女の恋愛心理
女心の本質
口説きのテクニック
女を落とす魔法のひと言
口説ける女性を見抜け
血液型による女の性格
女心をつかむメール術
女性との出会いを作る
出会い系サイトの女心 
女が結婚を意識する時
おもしろ心理学

関連リンク集


HOME