本文へスキップ


おもしろ心理学

傍観者効果

よく都会の人は冷たいとか、困っていても誰も助けてくれないなどと言われます。

都会の人が、見知らぬ人が困っているときにどうするかといったことを扱った社会心理学の研究があります。

それらの研究は、ある事件に端を発しています。
 
1964年のある日の夜、ニューヨークの住宅街でキティ・ジェノバースという女性が帰宅途中に男に襲われました。

女性が襲われたときに悲鳴をあげたため、男はその場を立ち去りましたが、誰も出てくる気配がなかったのでもう一度戻り、女性に暴行を加えました。

そのようなことを数回、30分にも渡り続け、とうとう女性は殺害されてしまいました。この事件が特異なのは、犯人ではなく周囲に住んでいた人々のほうでした。

事件後の調べによると、なんと38名もの人が女性の悲鳴を聞いていたというのです。しかし、窓際から外を見ても、特になにもなかったため警察に通報することもなかったというのです。
しかも、1度だけならず2度3度、女性の助けを求める叫び声を聞きながらも、誰一人助けることもなかったのです。
 
多くの学者たちは、この事件に対して社会のモラルの低下であるとしました。しかし、ダーリーとラタネは多くの人が悲鳴を聞いていたからこそ誰も助けなかったのだと考え、傍観者効果として実験によってこれを証明しました。

傍観者効果が現れる要因として、「責任の分散」「評価懸念(聴衆抑制)」「多数の無知(多元的無知)」の3つがあげられています。

「責任の分散」は、自分一人の場合に助けなかったら責任は自分一人が背負うことになるが、多くに人がいる場合には助けなくても、責任が分散し自分一人の責任ではなくなるということです。

「評価懸念」とは、自分が助けに行って何でもなかったときに、恥をかくことを気にすることです。「多数の無知」とは、自分が助けに行かないのは評価懸念などのためであるが、他の人が助けに行かないのはその事態が助けを必要としていないと認識しているからだ、と考えることです。

つまり、他の人も評価懸念などのために助けないのですが、他の人の考えが分からないため、勝手にそう考えてしまうのです。
 
このような傍観者効果は、傍観者の数が増えるほど、また自分よりも有能な人がいるときほど顕著に見られます。

日本でも最近、街中で暴行を受け殺害されてしまうというような事件が時々聞かれます。直接介入するのは無理でも、警察に連絡するぐらいのことはしたいですね。


サイトマップ

おもしろ心理学

心理学とは何か l
心とは何か・・・
意識とは何か
深層心理と行動
心理トリックを知れば不可能が可能に
お化粧による心理学療法
相手のウソを上手に見抜く方法
ダイエットの心理
あいづち心理学
社会的手抜きの心理
態度の類似性
恋愛の類型
プラシーボ効果
既視体験
行動への逃避の心理
ギャンブルにはまる心理
初頭効果と新近効果
説得の心理学
傍観者効果
好きな相手に対しての無意識な行動
極端の回避性 松竹梅効果
コントロールの錯覚の心理
栄光浴の心理
評価しない心理
同情と共感のの心理
DESC法
好印象を生むテクニック
相手との距離の縮め方
3分間トリック
相手がその気になる瞬間
潜在意識にインプットする
最後に聞いたことがモノを言う
心理療法で痩せる効果
プラシボー効果で痛みも消える
好意を抱く心理的距離
声をかけるタイミング
会う回数を増やす効果
浮気発見法
判断を誤らせるトリック話法
大学教授も美人学生に弱い
ほめるだけで人は伸びる
顔が変わると性格も変わる


ツイートする
http://moteotoko.idaka1212.com/ 女心を知りモテ男になる方法



 女心を知りモテ男になる


恋愛心理学
恋愛テクニック
もてる男の条件
女性にもてない男性
もてる男の外見
もてる男の話し方
もてる男の行動
もてる男の必須アイテム
女の恋愛心理
女心の本質
口説きのテクニック
女を落とす魔法のひと言
口説ける女性を見抜け
血液型による女の性格
女心をつかむメール術
女性との出会いを作る
出会い系サイトの女心 
女が結婚を意識する時
おもしろ心理学

関連リンク集




















HOME